ギャッベ専門店。手織り絨毯の最高峰ゾランヴァリ社ギャッベ。

ショップ情報
ガゼボフリーダイヤル メインサイト
アクセス方法

神戸

JR「元町駅」西口徒歩4分
地下鉄「みなと元町駅」徒歩6分
阪神「元町駅」西口徒歩4分

ミニマップ

フリーダイヤル
0120-071-043
フリーファックス
0120-071-046
メール・ファックス
24時間無休(ご対応は店舗営業時間内となります。ご了承くださいませ。)
店舗営業時間
10:30-18:00
店舗住所
神戸市中央区元町通3-9-8パルパローレビル2F
定休 水曜日
※イベント期間中無休の場合があります。
ホームギャッベブログ
ギャッベブログ
ギャッベブログ:224
«前のページ 1 ... | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 次のページ»
2012年01月11日

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

国際絨毯・カーペット・フロアカバリングの見本市「ドモテックス2012」 ゾランバリの

手織り絨毯の素晴らしさに魅せられて10年以上。

今年もドイツへ出発します。 どんな出会いがあるか楽しみです。

 

ゾランヴァリ手織り絨毯 ゾランヴァリ手織り絨毯

 

世界最大のホームテキスタイル及び業務用テキスタイルの国際見本市「ハイムテキスタイル2012」

ここでは、世界のテキスタイルのトレンドと窓廻りの最先端のクールな出会いを求めて。

ベッドリネンのバウアーももちろん。

 

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

大好きなドイツにも浸ってきます!

2011年12月24日

クリスマスです。

クリスマスカラーの手織り絨毯は、特別素敵です。

 

 ゾランヴァリ手織り絨毯

 

柔らかな手触りとしっかりと織りあげられた丈夫さ。

一年を通してワクワクする感じ。 何といってもギャッべやアマレの赤は「ウェルカムカラ―」。

お客様を、大切な人を、歓迎する意味があるんです。

素敵なクリスマスを、皆様が迎えられますように。

2011年11月29日

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

まもなく12月1日(木)より神戸ルミナリエが開催されます。

阪神・淡路大震災の年から開催され今年で17回目になります。

阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂の意と、

都市の復興・再生をへの夢と希望を託すとともに、

今年は神戸から東日本の被災地へ、

犠牲者の鎮魂の祈りと復興支援のエールを送る行事でもあるそうです。

 

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

会場から弊社ガゼボは徒歩10分ほどです。

神戸ルミナリエにお越しの際は、

少し足の延ばしてガゼボへお気軽にお立ち寄りください。

 

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

※写真は、11月29日(火)に撮ったものです。

会場入口付近と大丸周辺の写真です。

私の大好きなスポットの一つです。

開催前の点灯されていない雰囲気もなかなかいい感じです。

2011年11月15日

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

11月も半ばになり、紅葉も見頃を迎え

神戸の町はクリスマスのムードも高まってきました。

 

弊社の店頭にも、昨晩より「サンタさんとツリー」がお目見え。

なんとこれは弊社社長の手作りなんです!

 

見本があるわけではなく、

針金をクネクネ、作りながら形を整えていきます。

 

いびつな形ですが、

それがまた手作り感があってなんとも憎めないサンタさんです。

 

弊社の周辺は観光の方が多く、

(なぜか)カメラを持った方が時々パシャパシャと写真を撮っていかれます。

 

愛嬌たっぷりのサンタさんと

以外(!?)とおしゃれなツリーを

ぜひお気軽に見に来て下さいね。

2011年11月01日

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

最近は家中がフローリングで、

絨毯、畳が全くないことも珍しくないですよね。

 

フローリングも拭けたり、掃除がしやすくていいのですが

一度ギャッベを敷いてしまうと

もうギャッベ無しでは生活できません!

 

小さな部屋ですが、ベッド以外の床を全てギャッベで敷き詰めています。

不思議とギャッベは色、柄、サイズがまちまちでも全く違和感なく調和しています。

 

先日、贅沢とは思いつつキッチンの床にも敷きました。

とってもフカフカしていてクッション性がありますので、

長い時間立っていても全然足腰が疲れないんですよ。

使えば使う程、どんどん愛着が湧いてきます。

 

さて、次はどこに敷こうかな。。。

(小さな部屋なのでもう敷くスペースがありませんが。。。)

2011年10月08日

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

暑い暑い夏が終わり、いつの間にか秋。

ふんわりした絨毯の上で、

音楽を聴きながら温かい珈琲を、、、

そんな何気ない時間がうれしい季節です。

優しい日差しが似合うラグを撮影しました。

 

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

神戸の空になんて似合うんだろう。。。なんて思いながら。

 

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

もともと、遊牧民の生活に根ざした敷物だから、

自然の中の表情がきれいです。

 

ゾランヴァリ手織り絨毯

2011年08月04日

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

手作り感いっぱいの

「GAZEBO」のオフィシャルホームページが

この秋、リニューアルします。

 

商業的な使いやすいホームページが溢れている今

あえて、思い入れの深い商品群をひとつひとつ

「なぜお奨めしたいのか」を掘り下げたいのです。

 

おかげさまで弊社でお取引、ご購入いただいたお客様には

ガゼボを本当に可愛がっていただいております。

 

良いものを実感して頂き、「よかった」思いを共有したい。

そんな気持ちでプランニング・アドバイス・販売・施工までさせていただいております。

 

リニューアルまで、もうしばらくお待ちください。

2011年05月25日

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

快晴の25日(水)、車で東大阪市にある中村工芸のショールームへ行ってきました。

訪問するのは5~6年ぶりです。

建物の1階部分がショールームになっていて、

ソファ、ダイニングテーブル等 たくさんの種類が展示してあります。

 

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

どれも座り心地は抜群です。

柔らかすぎず、腰、身体全体をしっかりと支えてくれます。

(ソファは柔らかすぎると疲れることもあり腰に良くありません。)

 

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

新作カバーリングソファを見せて頂きました。

カバーリングソファは、いつまでも清潔に使用でき、

汚れても張替え、 買い替えをしなくても良いのがいいですね。

サイズも幅は1㎝単位でオーダーすることが可能です。(W1,600~2,230まで)

 

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

生地も耐久性に優れた「3種類21色」の中から選ぶことができます。

本体・クッションの生地を替えて、

オリジナリティのある自分だけのソファも作れます。

 

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

中村工芸のソファは、

ひとつひとつ職人さんが心を込めて丁寧に作りあげていきます。

こんなソファだったら、

使っていくうちに愛着が湧いてきて末永く使えますね!

2011年04月04日

当店一押しアイテム商品の、

遊牧民ウール手織り絨毯「アマレ」が入荷しました。

すべて草木染めで染め上げた何とも言えない美しい自然界の色です。

 

もちろん一枚一枚手織りですので、すべてが一点ものです。

それぞれの絵や柄には遊牧民カシュガイ族達の

物語や想い、願いが込められていて、

時間がゆったり流れているカシュガイ族達の生活風景が目に浮かぶようです。

 

私もくつろぐ部屋で敷いて使用していますが、

毛足の長いウールのフカフカした感触と

美しい色、素朴な動物などの柄に毎日癒されています。

 

使い続けていくうちに愛着がどんどん湧いてくる、とはこのことですね!

2011年03月12日

大変な地震が起こりました。

神戸のショップとしてオープンしたのは震災後でした。

 

阪神淡路大震災の時は、

大阪の自宅におりましたが、

とにかく震えの止まらない思いで何かできることはないかと、

個人や子どもの学校や、

地域のコミュニティで炊き出しやマスク作りや、

会社人でしたから企業としてのできうる限りの協力をしました。

 

ささやかでしたが、、、

あの朝もテレビの放映に

本当に愕然としたのを昨日のように覚えてます。

 

繰り返し流される今回の被害の様子も、

他人ごとではない思いでいっぱいです。

 

でも、ひとりの力では何ができるかって、、、

どうしていいかもわからない。

 

とにかく状況をテレビやインターネットで把握するのが精いっぱい。

なんと言っていいか言葉も思い当たりません。

被災地の方々には気持を強く持ってと祈るばかりです。

 

でも、ひとりひとりが直ぐ何かアクションができなくても、

みんながその思いを持っていれば、、、

 

たとえば募金だったり、物資の援助だったり、

気持の準備ができます。

 

できる限り詳しいニュースを流す報道は

そのためにもあるんだと思います。

 

今、神戸でも心なしか道を歩く観光客がいつもより少ないです。

人の痛みを自分の痛みに感じ、

可能な限りの協力をしたいものです。

2011年01月30日

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

あわただしく師走が過ぎていきます。

本年も深いご愛顧を賜りまして本当に感謝しております。

ありがとうございました。

 

本日30日よりGAZEBOも年末年始の休みに入りました。

新年1月は5日(木) 10:30より通常業務をスタートします。

ご来店お待ち申し上げております。

 

この一年、お客様に本当に可愛がられ、

応援頂きいろいろな企画も進めてまいりました。

 

小さなショップではありますが

国内や国外のインテリアの上質にこだわり、

それぞれのトップクォリティを選りすぐり、

出来る限りの低価格でご提供させていただきました。

 

もちろん、これからも更にご満足いただけるよう、頑張ってまいります!

 

たとえばベッドでは【シーリーベッド】 専門店ですから

他のメーカーのベッドは販売しておりません。

 

でもシーリーベッドのことなら、

メーカースタッフも顔負けの知識やアドバイスに自信があります。

 

お客様に納得してご購入いただくために

満足してご使用いただくために

メーカーショールームを利用した特別販売会も、回を重ねてまいりました。

 

現在では毎月の恒例企画として、認知もされてきました。

 

浄水システムでは【シーガルフォー浄水システム】

この度の原発事故で更に水に対する安全性がクローズアップされ、

シーガルフォーの高いクォリティが周知されました。

 

今後も更に進化を続けるであろうこの商品は、

本当に永く、お客様を裏切らない逸材です。

 

インテリアでは【バウマン】

バーチカルブラインドなどが人気です。

美しいラインとカラーで右に出るものはありません。

 

【カンディハウス】の家具も、その職人堅気な匠の技が素晴らしく、

永く愛着をもって使うに値する逸品です。

 

空間を占めずに、こころを満たす一番のおすすめは

【ゾランバリ】の手織り絨毯です。

 

1月11日にはGAZEBOスタッフも日本を発ち、

ドイツ・ハノーバーで開かれる世界最大の敷物展示会 ドモテックスに赴きます。

わくわくする新しい出会いが本当に楽しみです。

 

そこで見つけてきた手織りラグ達に

是非会いにいらしてください。

 

日本への入港は少し先になりますがご案内いたします。

 

盛りだくさんのGAZEBOの2012年。

どうぞご愛顧宜しくお願い致します。

2011年01月17日

画像をアップするために

実物の写真を撮るのですが、

店内ではなかなか実際の素材感が出ません。

 

なので色や質感を出すために

屋外で撮影することもあります。

 

ありがたいことに、ショップのすぐ近くに

神戸メリケンパークがあってとってもいい雰囲気。

冬の澄みきった青空。

凛と冴えた冷たい空気。

私的にすごく好きな感じです。

 

くるくるっと巻いたギャッべとアマレを抱えて公園へ。

海がすぐだから、

空が広い。。。。 緑の芝生の上で、、、、と思いきや、

寒さの為どこも枯れ芝に。

 

でも、厳しい大自然のなか織り上げられるギャッべは、

枯れ芝の上でさえも絵になりますね。

 

遊牧民の織り手の女性(カシュガイ族の織り手は必ず女性なのです。)は

大きな大きな自然の中で何を思い、 糸を織り込んでいったのだろうかと

想いを馳せるだけで楽しいくなります。

 

海を渡って縁あって店頭に並び、

これもご縁の、お客様のお家の玄関やリビングの空間に花を添える。

人と人、人と物のご縁です。

 

このギャッべとアマレにも素敵なご縁がありますように。

2011年01月06日

新年明けましておめでとうございます。

昨年中はご愛顧を賜りまして本当にありがとうございます。

 

本年もスタッフ一同、

心をこめたサービスをしてまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

年末には、イタリアからのご来店もあり(昔からのお付き合いでありお客様でもあります。)

華々しく御用納めをさせていただきました。

 

ゾランヴァリ手織り絨毯

2010年12月26日

ギャッべの嫁入り、、、

ふざけたタイトルですが、

愛着のあるギャッべの納品先が決まると、

私たちスタッフはそんな気持ちで最後の手入れをするのです。

 

まるでお嫁に出す母の気持ちでしょうか。

気に入っていただいて、ご縁があってご納品に至るわけですが、

ギャッべの魅力はそこから更に深まるんです。

 

使っている私たちも愛用者の一人として、

その魅力を実感し続けています。

 

使い込むほど、なじんで心地よくて期待以上の機能を発揮するギャッべ。

そこにあるだけでほっこり癒されるのですが、

実は天然のウールってすごい機能があるんですよ。

 

吸湿性と放湿性に優れているウールは、

別名「呼吸をする繊維」と言われます。

冬はそのなかにたっぷり空気を含んで暖かいし、

夏は通気が良くひんやりサラっとしています。

 

そして、音。遮音、吸音効果は驚きです。

フローリングの多い最近の住宅は、

一見スキッと、モダンですが反響音や埃にストレスを感じることも 多いかと思います。

ギャッべを置くことで、緩和されるんです!しかも床暖いらず!!

 

さて、今回お納め先が決まったギャッべは、

80㎝幅の3メートル近くある長い形なので なかなかご決定までいかずに店頭にいたのですが、

古き良き時代の毛足のとっても長い 「ざっくり感ボワっと感」たっぷりの逸品です。

実は私もその時代の同タイプの長いギャッべを廊下に敷いてます。

(廊下にってちょっと贅沢ですが、、、。)

 

家に帰って、廊下のギャッべの上を歩きリビングへ。

「お帰りなさい」って迎えてくれる優しいふみ心地がホントにいいんです。

小学生の男の子がおりますが、階下への音は全く気にならないほど!

 

強いて難を言えば、毛足が長い分遊び毛が出ます。

 

ですが、これは通常のおそうじ(掃除機や絞った雑巾で拭くなど)で全く問題ありません。

すっきりサッパリします。

 

テーブルやソファを載せて時間がたつとその足の跡がつきますが、

キューティクルの形状記憶効果、弾力効果で自然に元に戻ります。

また、天然ウールは燃えにくく、

万が一焦がしたりしても燃え広がりにくいので

その部分の表面を カットすれば全く目立ちません。

 

特に高山の厳しい環境で育ったひつじのウールは

たっぷりの油分を含んでおり、

ギャッべはその洗浄の工程で あえて油分を落とし切りませんから

「防汚効果」「防虫効果」に優れているんです。

 

何より、ふわっとしっとり気持ちいい感じと、

遥かシルクロード「イラン、ザ―クロス山脈」の懐で

織りあげられたその情景や、

織り手のこころに想いを馳せるひと時が、

いいんです。

2010年01月01日

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

とうとう2010年が明けました。

みなさんはどんな年明けを迎えられましたか?

 

我が家では久々にのんびりとしたお正月でした。

お天気も良く、初詣は大阪の天満宮に家族で行きました。

 

さてさてどんな一年になるかしらんと、

おみくじを引いたらなんと皆そろって「吉」! 「吉」しか入ってないんとちゃう?

と、思いきや最後に引いた次女がひとりだけ「凶」!

なかなか引くこともない?凶が当たったんだから、宝くじでも当たるかも。

なんて、どこまでもポジティブ(無責任?)な慰めを言いながら、神社を後に。

 

どんなことも考え方や受け取り方で明るい人生にもなり、

暗い人生にもなる。

 

ということで、今年も一年どうぞよろしくお願いいたします!

2009年10月10日

ゾランヴァリ手織り絨毯

 

イラン遊牧民手織りラグ【ギャッべ】【アマレ】展示特売会を実施します。

場 所 トータルインテリアのガゼボ      

神戸市中央区海岸通3丁目2-16 

商船三井興産ビル1F

期 間 2009年10月11日~25日(日)

特 典 ゾランバリ社より、選りすぐりを全品スペシャルプライスでご奉仕。


※この機会にぜひご来店ください。

※もちろん、トータルインテリア全商品フェア特価です。

2009年07月25日

先日、具合の悪くなったパソコンが戻ってきました。

増設メモリの不調だったので画像データは破損無く、良かったです。

お得意様がカメラで取って下さった、

うちの看板グッズの画像も無事です。

またそうそうにアップしますね。

とりあえずかわいいぬいぐるみたちです。

ゾランヴァリ手織り絨毯

2009年07月07日

先日、画像処理などが一番さくさく出来ていたパソコンが

バッテリーの不具合か (今メンテナンスで原因待ちです。)、

立ち上がらなくなってしまいました。

 

大切な情報データは入っていないので、いまメンテナンスのため入院しています。

 

しかし、その数日前に、弊社のお得意様がご来店されたときに頂いた画像データが、

実は入ったままなのです。

どんな画像というと、ショップに並んでいる弊社一押しの商品たちを、

まるで雑誌の写真画像のように、 素敵に撮っていただいたものなのです。

 

SDカードで取り込ませていただいてお時間も沢山使っていただいて。

どれもこれも素晴らしく、オフィシャルサイトや、ウェブショップサイトにどんな風に

アップしようかしらと、 わくわくしていた矢先のアクシデント!!

 

シーガルフォーのキャンペーンの準備に、つい手が回らず数日経ち、さあ!と思っていた

ところなのに(泣) K様、本当にすみません。

でも、無事にデータも帰ってくることを信じてます。

 

その折は真っ先にアップしますので、 待っていてくださいね。

本当にプロカメラマンのようでした。

取扱商品のおかげで「こだわりの」お客様に沢山お会いできて、とても楽しいです。

 

はやくPCが無事に戻りますように。

2009年05月24日

インフルエンザ騒ぎで、

他府県の親戚や友人が

電話やメールで心配してくれました。

 

「みんな、普通に元気ですよ~。でもマスクが全く買えないから送って。」

と、お願いすると

全国的にマスク不足、とか!

電車ではほぼ全員がマスクかけてましたから

いたって元気でも

マスクしないと「白い目」で見られる、、、 というか。

異様な光景でしたね。

 

もちろん何とか手に入れたマスクを毎日欠かさず付け替えてますよ。

今は神戸市の学校休校も解除され、

月曜からは大阪も一斉解除ですから、

すこし冷静になってきた感じです。

兵庫県と大阪府に新型インフルエンザが蔓延、

とワイドショーで出ていましたが、

当の生活している私たちは

大方ほとんどの人が普通に勤務して生活しています。

 

まるで地域一体空気まで汚染されているような発言は心外でしたね。

もちろん弱毒性といっても未知の部分が多く決して侮れないのですが。

どこまで社会の機能をストップさせるべきかは難しいですよね。

そんなおおげさな!と思っても、

万が一身近に感染者がでたり、

自分が感染経路になってしまったら

やっぱりきっと、パニクります。

 

毎年決まったように何万人が感染する「インフルエンザ」も、

これだけマスクや手洗いうがいを 完全徹底させたら、

ものすごく感染率が下がりますよね!

心がけようと思います。

 

ゾランヴァリ手織り絨毯

2009年05月05日

ゾランヴァリ手織り絨毯  

 

イラン遊牧民の手紡ぎ、手織りのこの絨毯を

毎日のように、広げてお客様にご説明をするのですが、

何度も触れて巻いたり広げたりしているうちに、

一枚一枚の物語を感じているのでしょうか、

お決めいただいて納品となると、お嫁入りに出すような、、、。

 

お客様も、出会って選りすぐって決められるので、

大切にしてくださり、また次にも「別の部屋にも。」

と ご来店いただくことが多い。そんな逸品です。

 

ちなみに、我が家の廊下には3メートル程の長さで

オールドに近い毛足の長いギャッベが敷いてあって、

家族の帰りを歓迎してくれるのですが、

これはこれでブワッとしてて踏み心地がとても良いです。

 

近年のゾランバリ社(ギャッベ、アマレの最高品質を誇る輸出元です。)の

ギャッベ、アマレは 更に目が細かくなり完成度が高くなってます。

色や柄が、その分美しく繊細です。

細やかなアート感に溢れてとても素敵です。

じかに座ってお茶したり、寝転んだりしながら

織り手の想いに思いをはせる・・・。

大好きなひと時です。

«前のページ 1 ... | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス